トップページお知らせ太秦病院のご紹介太秦病院うずまさ診療所リクルートリクルート

薬局からのご案内

薬局では、薬剤師2名が医師の処方箋に基づき、患者さんの内服・外用薬を調剤しています。
また、入院患者様に使用される注射薬を病楝へ払い出します。その他にも医薬品管理、医薬品情報管理業務などを行い、常に最新の情報収集や、学習に努めています。

和交会の沿革

 医師の処方箋に基づき患者さま個々のお薬を調剤します。
お薬の、のみ合わせや投薬量など薬局で確認して患者さまにお薬をお届けしています。

※患者の皆様へ
お薬手帳を持参して下さい。
お薬手帳があれば複数で受診されていても重複や、継続して服用しなければならないお薬がすべてわかります。

注射剤の配薬

 入院患者様に施用される注射剤を処方箋に従って病棟に配薬致します。この時点で点滴などに入れるお薬の 混ぜ合わせが大丈夫かどうか、点滴速度や、投与量が適切かどうかなど確認します。

医薬品管理

 医薬品の購入を実施し、適切な期限内に使用され、社会資源の無駄がないよう、また患者様の負担も大きくならないように管理しています。 お薬の中には厳密な温度管理が必要なものもあり、温度の計測も日常から行っています。

医薬品情報(DI)の提供

 「DI」とは「Drug Information」の略であり、病院内における医薬品に関する情報の 発信部署です。 必要な情報を必要時に迅速に提供できるよう、薬局では医薬品に関する基本的な情報や最新の情報を常に収集し、整理・保管しています。
医薬品の情報にはさまざまなものがありますが、それらの情報は薬局に集められます。そしてその収集された情報を(薬剤師によって) 評価し、必要な情報をわかりやすい形として病院内のスタッフや患者さまに提供しています。また、病院内のスタッフ向けに毎月月末に 「薬局ニュース」を定期的に発行したり、患者様に対しては、くすりの説明書などを配布しています。インフルエンザワクチン接種や 花粉症などの患者様用のパンフレットなども作成します。

服薬指導

 入院患者様を対象に、退院してからも継続してしっかり服用していただけるようにお薬の服用方法、飲み忘れたときの対処、など説明を 行っています。
必要に応じて、患者様の症状から医師にお薬の追加や減量などのディスカッションも行っています。

薬事委員会などの事業委員会

 病院で使用されている調剤は有効性・安全性など常に見直すことが必要です。
また新薬などの採用についてもいろいろなデータを基に、 医師、薬剤師で月に一度検討しています。 薬事委員会などの委員会は病院全体のお薬の適切な使用方法を審議する重要な委員会の一つです。 この委員会の事務局も薬局がしなければならない大きな業務の一つです。